本文へスキップ

処分・廃棄したいパソコンは、エコタームが買い取ります

確実なデータ消去SECURITY

データ記憶媒体の処理もお任せください




パソコンやサーバーの処分を考えた時、最大の懸念となるのは内部のデータです。『ゴミ箱を空にする』やフォーマット(初期化)をしただけでは、データ本体は残ったままです。 弊社では専用の機器とソフトウェアを用いたデータ消去を無償で行なっております。 大切なデータの流出を防ぎ、TCOの削減に貢献いたします。


処理が完了した記憶媒体は


エコタームでは環境負荷低減の取り組みとして、基本的にリユース価値のある商品はデータ消去後再販。
リユース価値がない、または動作しないものに関しては物理破壊と区別させていただいております。
当然全ての記憶媒体にセキュアな処理を施した上での取り扱いですので、どうぞご安心ください。

ご希望のお客様へ記憶媒体処理証明書の発行サービスもございます。
証明書のサンプルはこちらです(新しいタブで開きます)。


記憶媒体処理の流れ


1.検収作業






お引き取りした商品は、エリア事業部のスタッフが一つひとつ手作業で検収。
お客様の個人情報やそれに類するメモやシールなどを取り除きます。

また、パソコンやサーバーは全台ケースを開けて記憶媒体の有無を確認します。




2.処理



【実際の処理光景】



【YEC社製HDDデュプリケータによるデータ消去】

YEC社製 Hit YG3210 または Demi YG1040を使用し、NSA方式のデータ消去を行います。

※NSA方式とは…米国家安全保障局が推奨する、各クラスタに乱数を2度書き込んだ後0(ゼロ)で上書きする方式です。ソフトウェアによるデータ復旧ができなくなり、残留磁気を読み取る復旧も困難となります。




【Blancco によるデータ消去】

データ消去ソフトBlancco(ブランコ)を使用し、NIST(アメリカ国立標準技術研究所)が定める方式の消去を実施します。

※Blanccoとは…各国の政府機関や第三者機関からの製品認定を取得しているデータ消去ソフトです。PCだけでなくRAID構成やSANを含むサーバ・ストレージに蓄積されたデータも消去します。SSDのデータ消去 (Secure Erase) にも対応しています。更に詳しい情報はBlanccoのHPをご覧ください。




【CrushBoxによる物理破壊】

壊れて通電しない個体にも 日東造機 Crush box DB-25II による物理破壊を行います。

内蔵されている4本の杭がHDDのプラッタ(データが記録されている円盤)を変形させます。






3.証明書の発行(オプション)






証明書の発行

ご希望のお客様へ記憶媒体処理証明書の無料発行サービスを実施しております。
お渡し方法は、電子メール(パスワード付きのPDF形式)となります。郵送をご希望の方はご相談ください。

証明書のサンプルはこちらです(新しいタブで開きます)。




  不要品買取サービス

不要品買取/法人のお客様        不要品買取/個人のお客様        確実なデータ消去
バッテリー式中古フォークリフト買取     取り扱い品目


バナースペース


ご依頼・お問い合わせ

株式会社エコターム

〒342-0035
埼玉県吉川市高久1-21-17

TEL 048-940-1955
FAX 048-940-1855